鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本物のドラムと練習台

日本の住宅事情を考えると、自宅で本物のドラムを練習出来る人は少ないと思う。
たいていの人は、自宅では練習パッドでの練習、スタジオの個人練習で生ドラムというパターンが多いと思う。
基本的には練習パッドを叩くのを上手くなりたい訳ではなくて、ドラムを演奏するのが上手くなりたいわけだから、本物のドラムで練習したほうがいいに決まっている。
どんなによく出来たパッドでも本物とは感触が違うし、本物のドラムのようなニュアンスはでない。
でもツインペダルのオスティナートをやりながらスネアで色々やるようなフレーズの練習をしていて気がついたんだけど、こういうフレーズの場合、本物のドラムだとスネアの音が大きくて、バスドラムの音が聞こえない。
人間の耳に近い方でスナッピーというノイズ成分がまじったスネアドラムの音がしている訳だから、耳から遠いところにあるバスドラムの音が聞こえないのは当然といえば当然。
これは練習パッドだったら大丈夫。
当たり前だけど、バスドラムの音もはっきり聞こえる。
本物のドラムの練習が大事なのは大前提だけど、練習パッドの方が練習しやすいという事もあるんだな。
どちらもバランスよくやらないとなあ。
まあ、圧倒的にパッドで練習する時間の方が長い訳だが…
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。