鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年ドラフト会議

先日開催された2011年のドラフト会議。
横浜ベイスターズは1位を3球団競合の末に外し、外れ1位まで競合して外すというくじ運のなさ…orz
正直、アマチュア野球に詳しくないので、今回のドラフトがどこまで成功だったかはわからないけど、1位、外れ1位ともに外しているんだから、思惑通りにはいかなかったという事だろう。
4年連続最下位のチームで1位、2位が即戦力ではなく高校生バッテリーというのもなあ。
将来性に期待という事にしておこう。

さて、世間を騒がせている日ハムの強行指名問題。
個人的には問題と書くのにも違和感がある感じだなあ。
本来ドラフトというのはこういうもの。
相思相愛の球団に行けるとは限らない。
確かに本人はプロ野球選手になりたいという以上に巨人に入りたかったというのもあるのだろう。
ただそれが通る訳ではないのがドラフト制度。
本人は可哀想だが、日ハムは悪くない。
悪いのは「確実に巨人に行ける」と思わせた周りの大人だろう。
もちろん拒否する自由も本人にはある。
ただ一プロ野球フアンとしては、留年というようなブランクを経る事なく、アマチュア球界一と言われる実力をプロの世界で見せて欲しいとは思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。