鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

聖地巡礼

先週末は聖地を巡礼して来た。
聖地巡礼も3回目になるので、今回は割と余裕のある巡礼をするつもりだった。
また、ちょうど甲子園で阪神ー横浜戦があったので、その観戦も予定していた。
当初の予定は
木曜夜に横浜発 多賀SAで一泊
金曜日は朝から 豊郷巡礼、大津で京阪のラッピング電車を観て京都に移動。修学院巡礼、さらさ西陣で休憩、京都市内泊。
土曜日は京アニ本社、京アニショップを巡礼、西宮に移動。西宮巡礼の後、夜は甲子園へ。
日曜日に帰浜。
と、こんな感じ。
しかし、台風の影響で予定は大幅に変更になってしまった。
出発は予定通り木曜の夜。
東名に一部通行止めの区間があったので中央道で行ったのだが、夜にしては結構混んでた。
やはりトラックが多かったね。
予定通り多賀SAで仮眠。
朝起きて豊郷に向かう。
この時は雨は降っていなかったけど、豊郷につく頃には降り出した。
豊郷にバイク4台で来ていた人たちがいたけど、かなりチャレンジャーだな。
雨の平日ではあったけど、豊郷小学校には同業者の方もちらほら。
巡礼は3回目で、前回来た時は講堂に続く渡り廊下が改装中で残念だったけど、今回は改装も終わり写真も撮れた。
2期1話で唯が花びらを拾うところね。
その後、京阪のラッピング電車を観に大津まで移動。
ただ問題はラッピング電車がいつ走っているか分からないという事。
最初始発駅に行ったけど、なかなか現れず、路線の真ん中ぐらいでの駅で待つ事に作戦変更。
そしたら移動中に踏切でラッピング電車に遭遇!
車を停めて切符を買い、折り返しを待つ事に。
で、乗って来ましたラッピング電車。
見る前は「ただ絵が貼ってあるだけ」と思っていたけど(実際そうだけど)、生で見ると結構迫力あるなあ。
車内も多少広告はあるけど、ほぼ「けいおん!」一色。
この本気度には参った。
こちらにも同業者の方がたくさんいらっしゃった。
電車を堪能した後は、京都に移動。
ちょっと遅いお昼ご飯を、マクドナルド北白川店で食べる。
ここのマックもお馴染みなんだけど、座席の配置が違うのが残念。
このぐらいから雨も強くなり、車から降りずに通学路を回ってホテルに向かう。
チェックインの後、夕食を食べに街へ。
夕食の前にJEUGIA三条本店へ。
梓モデルのムスタングがあったら、勢いで買ってしまいそうだったんだけど、置いてなかった。
マッチングヘッドじゃないやつ(初代竹達モデル)はあったけどね。
その後、MOVIX京都を巡礼して夕食。
この頃には雨は降っていなかった。
この日は移動の疲れもあってか、ホテルに戻ってすぐに寝た。
翌日、バッティングセンターが閉鎖されるらしいとの話を聞いたので、そこに行く事に。
外観はそのままだけど、中の様子はちょっと違ったな。
その後、さらさ西陣でお茶。
ここも2回目なんだけど、唯達の席と律達の席は実際にはかなり近い。
これで気がつかない訳はないw
ゆっくりとお茶した後、京アニ本社へ。
いつも思うのだが、こういう静かな場所にある小さな会社から数々の名作が世に出されていると思うと感動を覚える。
京アニショップにも行って、日常のクリアファイルを買ってきた。
日常関係もっとあるかと思ったけど、意外と少なかったな。
その後西宮に移動。
甲子園の試合は中止が発表になってたけど、外観だけでも見に行ってきた。
甲子園自体は4度目だけど、蔦がなくなってからは初めて。
やはりあれがないと甲子園って感じがしないなあ。
そうこうしているうちに雨が強くなってきたので、北高周辺を軽くまわって、大阪に戻って食事して、その日は大阪宿泊。
翌日は関西では有名な三木楽器のドラムセンターに行った。
同行者は楽器とかやらない奴だったのが、付き合わせてしまった。
すまぬ、同行者君よ。
その後、通天閣のあたりをふらついて横浜に帰ってきた。
通天閣のあたりも10年ぐらい前に来た時は地元の人が集まるようなどころかに感じたけど、今はすっかり観光客相手のところになってるね。
前に行った時は、「おっちゃんたちが将棋とかして、それを後ろから普通の女の子が見てる」なんて光景に軽く衝撃を覚えたもんだったんだが。
帰りは東名が一部通行止めで246が大渋滞だったけど、なんとか帰って来られた。
台風のお陰でだいぶ予定が狂ってしまったけど、やはり巡礼は楽しい。
今回逃すともう観られなそうなラッピング電車をじっくり観られたので、それが一番良かったかな。
でも今度は天気のいい時に、ゆっくりと巡礼してきたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。