鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハイハットスタンドを買ってきた

今まで三脚のハイハットスタンドを使っていたのだが、ハイハットに加えて左足でツインペダル、ジャムブロックと3つのペダルを操作する事になったので、3つのペダルを置けるように二脚のハイハットスタンドを買ってきた。
軽い奴がいいので、DW3000シリーズのやつ。
今まではツインペダルとジャムブロックを同時に使う事は無かった(というよりやっていなかった)んで三脚のスタンドでやっていたんだけど、やはり両方使えた方が表現の幅が広がる。
でも左足で3つのペダルを操作するとなると、一番右のペダルと一番左のペダルでは距離があって、演奏する時の感覚がちょっと違う。
この辺は慣れが必要だね。
あと最近必須のテクニックみたいになってる表でジャムブロック、裏でハイハットを交互に踏むやつ。
オラシオは左脚ごと左右に動かしてるし、アントニオサンチェスは踵を左右にスイングさせる感じでやっているけど、踵をジャムブロック、爪先をハイハット固定でシーソーモーションでやってみた。
もともとハイハットをシーソーモーションで踏むのは慣れているので、違和感無く演奏できるのだが、左脚がかなり内側に向く事になるので、長い時間やってると足がつりそうになる。
これは慣れれば解決するのか、それともオラシオやアントニオサンチェスみたいな奏法に変えた方がいいのかな?
神保彰なんかは、確かヒールトウーで踏み分けていたように思うので、しばらくはこの奏法でやってみよう。
まあしかし実戦でバリバリ使えるようになるのは、いつになることやら。
さて練習、練習
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。