鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

勝間女史 250ccのスクーター購入について思う事

勝間女史がデルビのランブラ250iを購入したそうだ。
別にこの人の事は好きでもなんでもないが、バイクに乗るこの年代の女性という事で注目はしていた。
しかしこの短期間で3台もバイクを購入するとは。
まあ我々とは経済力が違うのは今更だが…
今回女史が購入したのは海外メーカーのスクーター。
確かに国産のスクーターは原付か、ビッグスクーターしかなくこのサイズの250はなく、都内の移動には便利かもしれない。
しかし大型もオートマを買っていたし、なんかクラッチ操作にかなり嫌気がさしている予感。
バイクの楽しさをどう感じるかなんてひとそれぞれではあると思うけど、エンジンのダイレクト感も大きいと思う。
ATだとその辺がずいぶんスポイルされてしまって、楽しさも半減。
当然だけどギヤをガチャガチャやる楽しさもない。
確かに実用的な面だけを考えれば、ギア操作が無い方が楽だというのはわかる。
しかしバイク自体あまり実用的な物ではないんだよなあ。
CO2排出量とか、燃費の面で有利というのはあるけど、荷物は載らないし、雨の日は厳しいし、第一都内では駐車する場所が限られている。
単純に移動の道具として考えた場合、現状では不利な要素の方が大きい。
女史の言う「250でコンパクトなサイズのスクーターがあれば女性にもハードルが下がる」というのはわからんでも無いが、バイク自体もう趣味のものになってしまっているんだよね。
だから250でコンパクトなサイズのスクーターがあったとしても、実用面で女性がバイクに乗ろうというケースは少ないんじゃないかな。
都内の移動だったら別に原付でいいという感じで。
だからわざわざバイクの免許を取ろうという奴は、好きでとるのであって、むしろマニュアルでの操作を楽しむぐらいの人ではないと免許を取ろうとはなかなか思わないのではないかと思う。
もちろん環境面や経済面、渋滞解消等を考えるとバイクがもっと普及した方がいい面もあると思う。
ただ「250でコンパクトなスクーターで女性に普及」だけではなく、その前に駐車場問題等クリアしなければいけないハードルも多いと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。