鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まどか ニコ生で日台同時一挙放送

昨日、日本と台湾で「魔法少女まどか☆マギカ」の一挙放送がニコ生であった。
来場者数は、ピーク時でなんと90万人以上。
まだまだ盛り上がってるなあ。
僕は3話から視聴したのだが、やはり面白い。
もう本放送で観てるし、その後録画したものも観返しているのだが、観るたびに興奮し感動する。
一部批評家筋からは、「過去にゲームでやった事の焼き直し」であるとか、「過去を壊したエヴァとは違う」みたいな批判があるようだが、この圧倒的な面白さの前にはその批判もかすんでしまう。
本当に常に続きか気になる作品なんて、滅多に無い。
エヴァだって好きな人には悪いが、劣化イデオンみたいな感じで、僕はあんまり面白いとは思わなかった。
でも面白いと感じた人は多かった訳だし、未だに劇場版が作られるほどの人気だ。
そこに「劣化イデオン」なんて難癖をつけるのは野暮。
まどかも同じ。
繰り返しになるが、この圧倒的面白さの前には、どんな批判も霞んでしまう。
まどかについては語りたい事が多いのだが、多すぎてまだまとめきれず、語り尽くせていない。
2010年代を代表する作品として残る事は間違いないだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。