鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「けいおん!」楽曲レビュー 

2期の放送も終了し、12月公開予定の映画が待たれる「けいおん!」だが、本当に今更ながらではあるが、1期のOPとEDについて書いてみたいと思う。

cagayake girls!
1期OPであるこの曲は、初めて我々の前で披露された「けいおん!」の楽曲である。
初めてOPを観た時のインパクトは忘れない。
食パン咥えて走って登校なんて、どこぞのテンプレアニメだよと思ったら、いきなり来たこのOP。
「カッコいい」と「カワイイ」の最大限の振れ幅を振り切ったようなこの曲が無かったら、ここまで「けいおん!」はブームにならなかったとも思えるぐらいの名曲だと思う。
キーボードがピコピコいったりしてて音数は多いのだが、基本はギター中心のガールズロック。
そして、それに乗っかってくるキュートなボーカル。
アニメソングでありながら、ロックしてる…そんな事をあっさりとやってのけた。
完成度の高いOPの映像と合わせて、最大級のインパクトを与えた曲である事は間違いない。
あとこの曲のいいところは、聴いているとギターひきたくなるんだよね。

Don't Say Lazy!
OPほどでは無いにしろ、EDも衝撃的だった。
OPがとびきりキャッチーだったのに対し、こちらはクール。
山田監督自らコンテを起こしたPV風の映像と合わせて、キュートでありながら、セクシーさすら感じさせる。
監督曰く、「彼女達が将来プロになったら」という設定でコンテを起こしたそう。
キャッチーなOP、ほんわかした本編と見事な対比をなすEDだ。

かきふらい先生がどこまで考えていたかわからないが、唯と澪という2人のシンガーがいる事が彼女達の楽曲の幅を拡げたのは間違い無いし、これだけの大成功に繋がったのにも大きく影響しているだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。