鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

みずほ銀行、コーポレート銀行と合併へ

今朝、こんなニュースが出ていた。
2002年の第一勧銀、富士銀行、興銀の3行合併の時より、個人向けのみずほ銀行と法人向けのみずほコーポレート銀行でそれぞれ営業を行ってきたのを、2013年にも合併するとの事。
銀行内の事はよくわからないが、旧3行出身者がそれぞれみずほFG、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行の社長を務めていたのは事実で、それがいい事か悪い事かは別として、旧態依然とした体制に批判があったのは事実。
3月に発生したシステムトラブルを受け、意思決定を一元化し、経営の効率化を図るというのが合併の意図らしい。
それは結構な事なのだが、みずほ銀行とみずほコーポレート銀行は、勘定系について現在異なるコンピュータシステムを使用しいている。
みずほ銀行は第一勧業銀行のシステムを引き継いだもの、みずほコーポレート銀行は興銀のシステムを引き継いだものとなっている。
みずほと言えば、今年3月に発生したシステムトラブルもそうだが、3行合併の際のトラブルもあって、システムに弱い銀行と言うイメージがついてしまっている。
今回の合併に伴ってシステムがどの様になるかは不明だが、またシステムトラブルなんて事になると大変な事となる。
勿論、銀行としても「絶対に失敗は許されない」という気持ちで臨むとは思うが。
とにかく他の業種ならともかく、銀行は何かあると、我々の生活にも影響が出てしまうし、今回はコーポレート銀行も絡んでくるので、下手をすると日本経済に影響が出かねない。
スムーズにいってくれることを願う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。