鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

研究所と高校が交差する時、物語は始まる。

ってtweetを以前したら、某有名blogで、「時定と東雲が交差する時、物語は始まる。」ってのがあった。
やっぱり考える事は一緒だね。
さて、その「日常」7話。
OPを無くしてまでやった最初のネタは、そこまで引っ張ってそのオチかよw って感じが「日常」らしい。
最初のネタを引っ張ったせいか、その他のネタはテンポ良く進んでいく。
そしていよいよ、なのと時定高校組が交わりかけた。
原作だとなのは最初から高校生なのだが、アニメでは高校編入で1エピソードやるんだろうなあ。
もしかしたら、最終回前に盛り上げエピソードとして、なのの高校生活での友情物語とかやるかもしれないな。
それはおいといて、6話が力技を含めてかなり面白かったのに比べれば、7話ちょっと小粒だったかな。
っていうか、6話が面白過ぎた。
次回も楽しみ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。