鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花咲くいろは 劇場版

先日、時間があいたので一人で観てきました。

物語はまだ喜翆荘があった頃の話で、時間軸はテレビ版最終回よりも前に戻る。
劇場版だからといって特にスケールの大きい話があるわけでもなく、喜翆荘の日常を描いたストーリー。
ただ緒花の今と、母親の若い頃の場面を次々入れ替えて描いていくのは、ある程度の時間が確保できる劇場版ならではの脚本という感じだった。
テレビ版の時も感じたが、この作品の評価は緒花の母親をどう評価するかにかかってくるだろう。
テレビ版序盤のだらしない育児放棄の母親と、テレビ版後半、劇場版でみせる「自立したかっこいい女性」といての母親は違和感がある。
この辺が岡田麿里という脚本家の個性なのかもしれないが。
ただ劇場版という事で、喜翆荘のメンバーそれぞれに見せ場もあり、久しぶりにあのメンバーに会えたという嬉しさが強かったのも確か。
テレビ版が綺麗にラストを迎えていたので、劇場版が蛇足ならないか心配していた面もあったが、そのような事はなく「花咲くいろは」らしい劇場版になっていたと思う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。