鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年印象に残ったアニメ

今期はまどかのような大作がなかったが、昨年10月から続いていた「ちはやふる」に始まり、その分良作が多かった印象。
京アニの「氷菓」、「中二病でも恋がしたい」はどちらもさすが京アニと思わせる出来だった。
どちらも完成度が高かったと思うが、「氷菓」は「ほろ苦さ」、「中二病でも恋がしたい」は「痛さ」と10代の違う面を描きながらも青春讃歌となっていたのが良かったと思う。

そして咲-saki-のスピンオフ「咲 -saki- 阿知賀編episode of side-A」
本編1期が大好きだったのだが、原作のストックを考えると2期は何年先になるか…と思っていたところで発表されたスピンオフ。
欲を言えばもう少し麻雀シーンが欲しかったが、それでも咲-saki-の世界が帰ってきたのは嬉しかったし、後半はかなり楽しめた。
追加3話分はまだ観ていないが、それも楽しみ。
また本編の全国編のアニメ化も決定したので、そちらもすごく楽しみにしている。

「偽物語」は、正直「化物語」に比べてパワーダウンした感じもあったが、テンポの良い会話劇をシュールな画像、演出で見せていく感じは健在。
「化物語」のインパクトが強すぎただけで、「偽物語」も十分に面白かった。

「花咲くいろは」のPAWORKSのオリジナル作品「TARITARI」
「花咲くいろは」と同様に、NHKのドラマ的なストーリーをアニメキャラクターでやるという作品であったが、こちらすばらしかった。
都会ではいけど、そんなに田舎でもないという江ノ島付近の景色と作品の雰囲気もマッチしてたと思う。
僕は自分で音楽をやっているせいか「音を楽しむと書いて音楽」という考え方が嫌いなのだが、この作品ではそういう気持ちも素直に受け入れる事が出来た。

いろいろ作品以外の事で話題になった「ココロコネクト」は作品自体は面白かった。
序盤は「転校生」ネタを複数でやるだけかと思ったが、「転校生」のそれよりもかなりきつく痛々しい内容であったが、その中で浮かび上がる5人の高校生達の青春ドラマとして質の高いものになっていたと思う。
実写ドラマや映画の原作にもなり得そうなストーリーではあるが、やはりアニメキャラクターが演じるからこそ生々しさが削がれ、より味わい深いものになっていたと思う。

放送開始当初は少女漫画原作という事でノーマークだった「となりの怪物くん」
今季は地味なヒロインの少女漫画原作は「好きっていいなよ」もあったが、あちらの方はちょっと女性の欲望がストレートに出過ぎているような感じで、いまいちストーリーは楽しめなかったが、「となりの怪物くん」は主人公以外のキャラクター達は生き生きと魅力で、ギャグも多く、観続けていく内に、地味で無表情、無感動なヒロインもだんだんかわいく思えてくる。
中の人の力量も大きいかな。

序盤はかなりハードル高かった「謎の彼女X」。
これも観続けていくと、ヒロインがかわいく観えてくる不思議。

そして「ガールズアンドパンツァー」
少女と戦車…しかも武道、スポーツとしての戦車という異色の組み合わせであるが、試合シーンの迫力、戦術に加え生き生きとしたキャラクターと魅力的な作品になっている。
製作の遅れで2回総集編があり、ラスト2話は3月まで待たされる事になったのが残念だが、こうなったら時間をかけてでもいいものを見せてほしいと思う。

他には先日感想を書いた「ソードアートオンライン」、「じょしらく」、「DOG DAY'S」などが面白かったな。
劇場版ではストパン、なのはを観に行ったが、どちらも劇場版ならではの迫力があって楽しめた。

さて、来年はいきなり本命「ちはやふる」2期と、けいおん!の布陣で製作される京アニオリジナル「たまこまーけっと」が1月から始まる。
楽しみに待つとしましょう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。