鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年ドラフト 我らがベイスターズは…

昨年の前親会社による嫌がられのような高校生中心のドラフトとはうって変わり、今年は即戦力中心の指名となった。
一位の東浜を外したのは残念だったが、補強ポイントでもある右の内野手白崎君を獲れたのは大きい。
一位指名が野手であった事に批判もあるが、2順目からはウェーバーなので、横浜は抽選なしで指名権を得られる。
三嶋君を指名すると予想されていた他球団の動きを見て2順目でもいけると判断し、(結果的にはなかったが)競合の可能性のあった白崎君を1位で指名したのは、ファインプレーと言えるのではないだろうか。
ベストではないけど、2番目に描いていたシナリオ通りにはなったと思われる。
正直なところ、僕はアマチュア球界に詳しい訳ではないので、今回のドラフトが成功だったかどうかはわからない。
左腕投手の指名がなかったのが、少し気になるが、高田GMはドラフト以外での左腕獲得を考えているという。
まあ、前評判の高い選手が活躍しなかったり、下位指名の選手が活躍したりというのはよくある事。
ドラフトが成功か失敗かわかるのは、3年後ぐらいだろう。
だから今は、ベイスターズに指名された選手達の将来の活躍を願う事しかできない。
横浜スタジアムで暴れまわる選手達の姿を一日も早く観られる事を期待したいと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。