鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デビッドガリバルディモデルのスネア

デビッドガリバルディと言えば、タワーオブパワーの名演で知られる名ドラマー。
勿論僕のヒーローの一人でもある。
(あんまりコピーとかしてないけどね)
彼は、タワーオブパワーの全盛期はラディックのドラムを使用していたと思われるけど、現在はYAMAHAのユーザー。
YAMAHAからシグネチャーモデルのスネアが出ていて、ちょっと気になってはいた。
スペックは金属胴のピッコロ。
金属胴のピッコロはパールのブラスのフリフロを持っているし、ロックやフュージョンにはいいけど、ジャズではちょっとなあと思っていたので、特に購入を検討したりする事はなかった。
ところが先日、ガリバルディのシグネチャースネアをお持ちの方のご ご厚意で、とあるお店で2曲ほど使わせて頂く機会があった。
ピッコロは単体での音は好きなんだけど、高域がきついのでアコースティックなジャズではちょっと…と思っていたが、その方は小さめのリングミュートで倍音を抑える事で対応していた。
これはなかなかいいかも。
ラテンの曲なんかでスナッピーをオフにして使う時は、リングミュートを外せば5インチの木胴よりティンバレスっぽいサウンドになる。
これは、なかなかいいかも。
ラテンの曲が多いバンドでは、久々にフリフロのピッコロを使ってみようかという気になった。
貸して頂いたおかげで、新たな発見があった。
オーナーさんに感謝です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。