鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

やっぱり京都アニメーションは凄い

ハルヒやけいおん!といったヒット作を生み出した京都アニメーションは、今では「京アニの新作」というだけで、注目を集めるブランドを確立していると言えよう。
らき☆すたはハルヒバブルがあっての作品という面もあるが、やはり単純に面白かったし、日常も賛否両論あれど個人的には楽しめた。
先日まで放送されていた氷菓も、非常に味わい深い作品であったし、外れがない印象だ。
しかし、現在放送中の「中二病でも恋がしたい」は、放送開始前に設定等を見た時は、全く期待できない印象だった。
中二病というのも使い古された感のある言葉であるし、イマイチ面白そうな気がしなかった。
ただ、放送が始まってみると、印象ががらっと変わった。
技術力では定評のある京アニだけに、キャラの可愛さ、作画のクオリティの高さはもちろんだが、それとは別の次元で単純に面白い。
この辺はテンポの良さや間の取り方が大きい気がする。
妄想バトルの迫力あるアクションシーンから現実へ戻った時のギャップで笑わせるところなど、本当に声を出して笑ってしまう。
まだ3話で、物語が動き出すのはこれからというところだが、今のところ僕の中では今期一番面白い。
あのつまらなそうな設定でここまでやるとは、京都アニメーションは本当に凄いと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。