鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語

公開日の昨日、観てきました。
以下はネタバレ含む

今回は、TVシリーズの9話から最終話の12話までの再編集版。
もともと4話内容をを2時間にしたので、ほぼTVシリーズ通りで、新規の絵が結構ある感じだった。
ただ、杏子の最後である9話、タイムループが明かされる10話、ワルプルギスの夜編11話、ラストの12話というのは、TVシリーズの放送枠を上手に使った構成だったので、映画向きではなかったかと思う。
10話のラストでコネクトが流れる演出は、映画でもやっていたが、あそこは「10話を観た事で、コネクトの歌詞の意味が分かる」という重要な演出なので、外せなかったのだろう。
ただ映画でそれが効果的だったかはわからないなあ。
少ないとは思うが、TVシリーズを観ずに映画を観た人がいればどう感じたかを訊いてみたい。
ただTVシリーズの総集編的内容という事は知っていたので、ストーリーを楽しみに行ったというよりは、映画館の大画面でまどかという作品を楽しみに行ったという感じなので、それは概ね満足。
そしてラストで新作映画の予告があった。
まどか自体はTVシリーズで奇麗に完結しているので、新作はパラレルになるかと思ったのだが、どうやら時系列的には続きになるような感じだ。
TVシリーズ自体の完成度が高かっただけに、蛇足にならないか心配ではあるが…

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。