鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

TARITARI 終了

昨日、東京MXで最終回の放送が終了した。
序盤は背景の綺麗さはあったものの、やや地味な印象であったが、話が進むにつれて大いに盛り上がった。
所々に出てくる合唱シーンはどれも良かったが、最終回のミュージカル風舞台は圧巻。
また卒業式の後、5人の歌からEDになだれ込むのも素晴らしかった。
吹奏楽部や声楽部と一緒に演奏した舞台も圧巻であったが、最後はやはり5人の歌というのが素晴らしい。
「花咲くいろは」の場合は旅館の休業、本作では学校の廃校という主人公達ではどうしようもない状況を描いた作品であったが、変に外した方向に逃げたり、超展開もなく、正面から描き切り、爽やかな青春テイストをもった作品だったと思う。
僕は「音を楽しむと書いて音楽」というのは嫌いなのだが、この作品の中では「それでもいいじゃないか」という気にさせられる。
「花咲くいろは」もそうだったが、一つの作品として綺麗に完結しているので続編などはやらない方がいいと思う。
再編集した劇場版や、5人のその後を少し見せる同窓会的なOVA等であれば期待したいと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。