鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長野県大会決勝4校の来年について考えてみる 咲-saki-

長野県大会、決勝に残った4校の来年の戦力について考えてみる。

まずは龍門渕。
ここはメンバー全員が2年生なので、来年もほぼ確実に同じオーダーで戦う事になるだろう。
まさに黄金世代。
各メンバーの底上げ、衣のモチベーションが課題か。
試合当日の月の満ち欠けも影響しそうだ。

続いて風越。
ここは名門校で、選手層が厚いはずだが、今年レギュラーで3年生は先鋒のキャプテンのみ。
ポイントゲッターのキャプテンが抜けるのは痛いが、残りの4人は来年も残るし、名門校だけに新戦力にも期待出来る。
キャラ的に、みはるんが次期キャプテンかな。
深堀、文堂の実力があがるか、あるいはそれを脅かす存在が出てくるか。
部員数の多い名門校だけに、期待は出来そう。
あとは池田をどう使うか。
再びリベンジマッチで大将に置くか、打点の高さ、聴牌の早さをいかして、キャプテン卒業後の先鋒を任せるか。
先鋒に置く方がその後の展開を有利に進められそうだが、本人の思いからすれば、再び大将戦で戦いたいというのもあるだろう。

次は鶴賀。
決勝区間トップ2名は残るが、加治木、ワハハが抜ける穴は大きい。
ワハハも目立った活躍はなかったが、清澄の部長相手に大きな失点はなかったし、加治木は司令塔としての役割を持っていた。
エースとなるモモが大将、かおりんの打点の高さが来年も維持出来ればかおりん先鋒もあり。
しかし最低2名は新入部員に頼らなければならないのは痛い。
決勝進出で部員が増える事は期待出来るかもしれないし、もしかすると風越ではなく部員の少ない鶴賀でやりたいという有望な新入生もいるかもしれない。
ただそれに期待しなければならないのは厳しいか。

最後に清澄。
抜けるのは部長のみだが、ポイントゲッターでもあり司令塔でもある部長の穴は大きいだろう。
染谷先輩の司令塔としての成長に期待がかかる。
室橋が入部する可能性が高いが、彼女の力は目立ったものは無さそう。
先鋒は優希固定で、次鋒が室橋、もしくは他の新入部員、中堅が染谷先輩、副将和、大将咲という布陣か。
しかし気になるのが、本編ラストに出てきた咲と和の離別をにおわせるシーン。
もしかすると清澄は全国制覇はならず、和は他県(東京?)に転校する事になるかもしれないと考えられる。
宮永姉妹の和解はあるかもしれないが、かわりに咲と和が離別。
来年度はライバルとして全国大会での対戦を目指す展開というのもあるかもしれない。
それでは清澄の戦力ダウンは大きいが、2年目の展開としては面白いものがあるかもしれない。
以上、妄想でしたw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【長野県大会決勝4校の来年について考えてみる 咲-saki-】

長野県大会、決勝に残った4校の来年の戦力について考えてみる。まずは龍門渕。ここはメンバー全員が2年生なので、来年もほぼ確実に同じオーダーで戦う事になるだろう。まさに黄金世代。各メンバーの底上げ、衣のモチベーションが課題か。試合当日の月の満ち欠けも影響し?...

まとめwoネタ速neo 2012-06-08 (Fri) 16:55


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。