鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

咲 -saki- 阿知賀編 第6局「奪回」

もう第7局が放送されたが、第6局の感想。
前回、先鋒の玄が千里山に狙い打たれ、大量失点してしまうが、次鋒の宥、中堅の憧がそれを取り返すために奮闘する。
宥の能力は赤い牌が集まるというものらしいが、千曲東は萬子と中のみを警戒し、宥はそれを逆手にとってあがる。
憧は早仕掛けタイプのようだ。
喰い断をベースに赤5、ドラを絡めていく。
実際、赤入東風なんかだと、このスタイルは強いと思う。
原村和もそうだけど、咲-saki-のいいところは、こういうスタイルをちゃんと強く描く事なんだよな。
他の麻雀漫画だと、こういうスタイルはかませ役の定番だけど、主人公側にこういうのを置いている。
一期の時はデジタルの失敗まできちんと描いて、失敗してもぶれないデジタルの強さを見せていた。
ちょっと一期に比べて麻雀描写が少ないのが残念だが、憧みたいなスタイルをメインキャラの一人においているのはいいと思う。
さて次は副将戦で灼の登場。
どんなスタイルを見せてくれるか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【咲 -saki- 阿知賀編 第6局「奪回」】

もう第7局が放送されたが、第6局の感想。前回、先鋒の玄が千曲東に狙い打たれ、大量失点してしまうが、次鋒の宥、中堅の憧がそれを取り返すために奮闘する。宥の能力は赤い牌が集まるというものらしいが、千曲東は萬子と中のみを警戒し、宥はそれを逆手にとってあがる。憧...

まとめwoネタ速neo 2012-05-21 (Mon) 09:29


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。