鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

また土壇場でドロー 2012/5/8巨人戦

先発小杉が序盤から大炎上。
ラミレスや鶴岡の悪送球もあり、6-0と終戦モード。
谷のエラー絡みで1点を返すも、ボーカーに被弾し、再び6点差。
小池のタイムリーで2点を返したが、3点差で最終回を迎え再び終戦モード。
しかし先頭荒波が内野安打で出塁し、四番ラミレスがタイムリーで2点差。
ラミレスには代走梶谷が送られ、まさかの盗塁。
まだ2点差であったし、HRで同点、打席にノリという場面で試合終了のリスクを冒してまで盗塁する場面ではないと思ったのだが…
ノリは結局、打ち上げてしまいキャッチャーフライで試合終了…のはずが阿部がまさかの落球。
その間に2塁ランナー梶谷がホームイン。
1塁に残っていたらホームインできなかったかもしれないので、野球というのはわからない。
ノリには代走一輝。
これで横浜は捕手を含めた野手すべてを使い果たす。
そして次のバッターは好調吉村。
ネクストバッターズサークルで自分に回ってくることを願っていたという吉村が、見事センターオーバータイムリー。
まさかの同点に持ち込む。
その後、キャプテン石川がつなぐも、黒羽根を敬遠され、野手を使い果たした横浜は藤江をそのまま打席に送る。
藤江もよく粘ったが、内野ゴロに終わり攻撃終了。
その裏は加賀、山口とつないで時間切れ引き分けに持ち込んだ。
GW連戦の後で谷間の小杉先発、予想通り炎上という試合を負けなかったのは大きい。
相手も宮國だったし、完全な負けムードの試合だったしね。
筒香に安打なしだったのは残念だが、荒波4安打、ノリ3安打、ラミレス、吉村にタイムリーと打線が機能したのも心強い。
5月に入って好調な横浜であるが、これをどこまで維持できるか。
今日はジオとホールトンの投げ合い。
ホールトンも今年は今ひとつなので、なんとか早めに打ち崩して、巨人のウイークポイントである中継ぎを引っ張り出したいところ。
今日の試合にも期待したい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。