鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DeNAチケット返金に思うこと

横浜DeNAベイスターズが、GWに行った企画。
負けたらチケット代返金、買っても試合に満足がいかなかったら半額を上限に返金という企画。
GW前半は不甲斐ない完封負けもあったので、返金を求める客が多かったのも納得がいくし、先日の中日戦で土壇場に岩瀬からラミレス、ノリの連続弾で追いついた試合も、勝てなかったという意味では返金要請があったのもわからなくはない。
しかし2桁得点の大勝、しかも三浦の完投勝利や、期待の若手が活躍した試合でも返金を求める列があったという。
恐らくDeNA側も、全敗した時の全額返金までリスクを想定し、それでもこういう企画をやる事による宣伝効果の方が大きいと判断したからの企画であろうから、勝ち試合で返金があったとしても商業的には問題ないのかもしれない。
そもそもこういう事も想定していただろうし。
しかしながら、やはり2桁得点やエースの完投、期待の若手である国吉や筒香の活躍を見れても返金を求めるというのには、寂しさを感じずにはいられない。
結局、理由をつけて値切ろうというところなんだろうな。
もちろんさっきも書いたが、球団が認めている事であるし、ルール違反をしているわけではない。
しかしながら、なんとも言えない寂しさを感じてしまう。
まあ、今季はまだホームゲームの観戦に行けていない僕よりも、返金を求めたとしてもチケットを買った人達の方が球団の利益になっているわけであるが…
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。