鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本拠地開幕戦、白星で飾れず 2012/4/4中日戦

昨日が雨で流れた為、今日が本拠地での開幕となった横浜DeNAベイスターズ。
昨日予定されていたローズと佐々木のセレモニーも今日に順延となった。
中日から権藤コーチ、谷繁捕手も参加してくれて、まさに98年を思い出させるフアンには懐かしい顔ぶれが揃った。
ローズの打球はレフト前に。
その後ローズが、「三塁を守っていたのが進藤だったらヒットにならなかったかもね」と、また懐かしい名前を出していたのが印象に残った。
さて試合の方。
先発国吉は結果だけ見れば5回2失点と試合を壊すような事はなかったが、ボール先行の場面も多く、球数も99球と多め。
内容は良くなかったと思う。
本拠地開幕という事もあって、少し力が入ってしまっていたのかもしれない。
犠牲フライ2つで2点を献上。
6、7回は菊地がテンポよく抑えたが、8回に後を受けた林が四球で自滅。
後を受けたハミルトンも押し出しで一人ランナーを帰すなどして、合計4点を献上。
打撃陣のほうはさっぱりで、四死球でチャンスをもらうもランナーを帰す事ができずに無得点。
中日先発中田が荒れていただけに残念だ。
どうも、なんとなくこちらの調子が悪いような雰囲気で、ずるずると回がすすんでいってしまうという中日戦によくあるパターン。
相手がものすごいピッチングをしている訳ではないのに、打てないという。
これも中日バッテリーに手玉に取られているという事なのかもしれない。
こんな調子で終わってみれば0-4の完敗。
本拠地開幕で素晴らしいセレモニーがあっただけに、今日の敗戦は悔やまれる。
明日の予告先発は山本省吾。
昨年は不甲斐ない成績だったが、オープン戦では好調だった山本。
さてシーズンはじまってからはどうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。