鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

咲-saki- 阿加賀編 episode of side-A 1巻

本編9巻と同時発売だった阿知賀編。
こちらも連載は読んでいなかったので、単行本発売をとても楽しみにしていた。
本編の方には、やや中弛みを感じたが、こちらは1巻という事もあって面白い。
原村和との小学校時代の友人が、原村が中学チャンピオンになった事に刺激を受け、再び麻雀を始め全国を目指すストーリー。
プロローグとなる原村和の小学校時代も丁寧に描かれていて、主人公達が再び原村と遊びたいと思うようになる動機づけも十分。
舞台は奈良であるが、本編と同じく田舎の情緒溢れる風景も咲-saki-の世界観らしくていい。
また、彼女たちのコーチの存在も本編にはない魅力。
過去に全国出場経験を持つも、イップスに悩まされる大学生。
実業団でプレイするも麻雀部は廃部へ。
母校に戻り、小学生の頃に教えていた主人公達と全国を目指すという、ベタではあるがドラマを感じさせるキャラクター。
彼女のストーリーも楽しみだ。
欲を言えば、県大会の麻雀の描写をもっと丁寧に描いて欲しかった。
咲-saki-の魅力の一つは、緊張感溢れる麻雀シーン。
超能力バトルではあるが、その魅力の一つである麻雀シーンがちゃんと描かれなかったのは少し寂しい。
全国大会からが本番という事で、少し駆け足だったのかな?
しかしそれを差し引いても、十分に楽しめた1巻であった。
これは4月から放送開始のアニメも期待せざるを得ない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。