鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

咲 -saki- 9巻

先日発売された咲-saki-9巻。
同時発売された阿知賀編1巻と咲日和1巻と一緒に発売日に買ってきた。
9巻は全国大会一回戦の先鋒戦の続きから副将戦開始まで。
連載を読んでいない自分としては、また彼女達にあえるだけで嬉しいのだが、少し中弛みを感じずにはいられない。
県大会決勝であたった3校がそれぞれキャラが立っていただけに、それに比べると全国大会一回戦のキャラは弱いかなあ。
まあ、宮永咲の対局はまだだし、原村和の対局も始まったばかりで、まだ助走の段階ではあるけど。
ただ部長が、今まで見せた事のない緊張や弱気な姿を見せたのはよかった。
今までにない大舞台、チームや母校の期待、友情を深めた県大会決勝の対戦チームからの応援に緊張するあたり、高校生の女の子らしい部長の姿はかわいい。
また、最後に部長らしさを取り戻す展開もよかった。
この辺は、副将戦、大将戦へ向けての点数調整というストーリーの都合もあるだろうけどね。
そしていよいよ一回戦で残すは副将戦、大将戦。
次巻以降の展開が楽しみだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。