鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オープン戦全日程終了

新生横浜DeNAベイスターズとして初年度のオープン戦の日程がすべて終了した。
オープン戦は結果よりも内容が大事であるが、11勝6敗という結果はなかなか。
何より投手陣が安定しているのがいい。
防御率は12球団唯一の1点台。
昨年散々だった山本もここまで結果を出しているのも大きい。
先発ローテは高崎、三浦、山本、国吉、ジオ、ブランドンに加えて小杉が候補となってくると思われるが、ここまで大崩れもなく来ているので、シーズンが始まってもある程度は計算できるのではないか。
中継ぎ陣も江尻が不在なのが痛いが、昨年かなり頑張った中継ぎ陣だけに今年も戦力として期待できると思う。
新加入の菊地、林も心強い。
抑えは山口になると思うが、オープン戦を観ている限り、ストレートで押せる時もあれば、自滅する時もあるという去年と同じような感じ。
逆に言えば昨年並みの活躍は期待できると言う事だが、希望的観測で言えば、今年は山口の登板機会も増えなければならないわけで、その中でどの位やってくれるかが気になる。
捕手は黒羽根が正捕手確定か。
肩も強いし、打撃も成長して来ているように感じる。
シーズン通してマスクをかぶる事ができるかはわからないが、横浜の正捕手として定着して欲しい。
あとは鶴岡、もう一枠を細山田、新沼で争う感じかな。
守備について、まず内野。
石川をセカンドにコンバート、ショートは梶谷に固定した事で、二遊間は安定か。
セカンドには藤田、ショートには渡辺直人というレギュラークラスの控えもいる。
ファーストは小池、後藤になってくるのか。
内藤ではやはり不安が多い。
後藤が今離脱しているだけに、早い復帰が望まれる。
サードは筒香固定の予定だったのだが、怪我で出遅れ。
中村ノリ、藤田、直人らが候補ではあるが、直人は先日サードでよくないプレーがいくつか続いており、不安が大きい。
内野ではここが一番不安が残る。
外野はラミレス不在の中、荒波、森本、金城、小池、下園、北とタレントは揃っている。
ラミレスが帰って来た後、早い段階で先制して、守備がためを投入するというパターンができればいいんだが。
攻撃について。
ラミレス、筒香不在の中、梶谷、荒波、石川といった脚が使える選手が頑張って「走る野球」、相手のミスにつけ込む「せこい野球」ができているのは心強い。
特に梶谷のブレイクは大きい。
なんとかショートに定着して、石井琢朗のような選手になって欲しい。
しかしやはり爆発力不足は否めない。
オープン戦の好調はやはり投手陣が頑張っている事が大きい。
これからシーズンが始まり、実戦モードで打者の目も慣れてきて、また研究もされ、夏場に向かって投手陣の疲れも溜まっていく中、いつまでもこの防御率が維持できるとは思えない。
夏場に向って打線の調子が上向きになってくれれば、昨年までのような事にはならないのではないかと期待してしまう。
4年連続ダントツの最下位球団ではあるが、なんだかんだで毎年開幕は楽しみ。
ましてや今年は新生DeNAベイスターズ元年。
開幕を楽しみに待つとしよう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。