鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新生横浜DeNA ベイスターズ 本拠地初見参 2012/3/11

今日の試合、新生横浜DeNAベイスターズが本拠地である横浜スタジアムに初見参となる試合であったし、また昨年の東北大震災の日ということもあって、色々な思いを持った試合になったと思われる。
先発は昨年散々だった山本。
今年はオープン戦の段階ではあるが、昨年よりはだいぶ安定しているように感じる。
決め球が無いとよく言われるが、低めにボールが集まればそうそう失点はしないと思われる。
今日は4回を投げ1失点という内容。
左だしローテーションに入ってくれれば、だいぶ助かると思われる。
移籍の藤井がここまでの内容からあまり期待できないだけに、ここまで比較的安定している山本には期待がかかる。
なんとか去年の汚名を返上して欲しい。
その後を受けた高崎も4回を投げ、おかわりのソロ一発だけの1失点という内容。
高崎は確実にローテーションに入る投手。
今年はエースとして頑張って欲しい。
最終回は篠原が3人でピシャリ。
ベテラン左腕が結果を出してくれたのは心強い。
打つ方は正捕手を狙う黒羽根のタイムリー、中村紀洋のソロで同点。
黒羽根は打つ方でもアピールして、正捕手争い一歩リードというところか。
正直中村紀洋にはあんまり期待していないのだが、中畑が「筒香がいない中、今のところサードはノリ」と言っていたので調子はいいのかもしれない。
昨年は杉内から打ったホームランぐらいしか印象に残った活躍はなかったのだが、今年は期待できるかなあ?
決勝点となったのは黒羽根のスクイズ。
代走荒波がタッチアップで3塁に進んだところで黒羽根が見事に決めた。
中畑の言う「せこい野球」ができて、決勝点となったのは大きい。
ここまで好調なベイスターズであるが、本拠地初見参となった試合で勝利することができたのは、何より嬉しい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。