鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キャンプスタート

2/1より、キャンプがスタートしたわけだが、横浜DeNAベイスターズの話題の多さに驚かされる。
新生横浜DeNAベイスターズ元年である事に加え、やはり中畑監督の話題性、注目度の大きさを感じずにはいられない。
僕は観ていないのだが、聞いた話では初日のスポーツニュースの7割ぐらいが横浜の話題だったようだし、2/2のスポーツ新聞のうち数紙の一面を中畑監督が飾った。
そして今日(2/3)も、スポーツ新聞の一面は「中畑、インフルエンザ感染」…orz
今日のはちょっといただけないが、前任の尾花監督がインフルエンザにかかっても、スポーツ紙の一面にはならなかっただろうし、中畑監督だからこそだろう。
やはりプロ野球、そして巨人が絶大な人気を持っていた時代の看板選手というものの影響力の大きさを改めて感じる。
シーズンが始まってから中畑監督がどんな采配をするのかはわからないが、キャンプとしては長嶋を意識しているように思える。
上着を脱いでユニフォームをお披露目したりするところなんかはまさにそれだろう。
テイク2とかやっちゃうのが中畑らしいけどw
あと他球団のスコアラーをブルペンに入れて怒られちゃったりしたのも、長嶋が第一次政権時に、川上時代の「哲のカーテン」から明るく開かれたイメージに変えようとしたのに影響を受けているような気がする。
まあとにかくインフルエンザの件も含めて話題に事欠かない監督だ。
しかし、ここまで話題を提供してくれる監督というのは、横浜の為というよりもプロ野球界にとって大きなプラスなのではないだろうか。
あとはシーズン始まってからどれだけやれるか…
やはり勝つ事が一番のフアンサービス。
筒香の調子が気になるが、充実したキャンプにしていただきたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。