鉛筆なめなめの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新生横浜DeNAベイスターズ 開幕戦はドロー 2012/3/30

オフシーズンには身売り問題、監督問題、主力のFA放出、スタジアムの契約問題と色々あった訳だが、昨日無事に開幕を迎える事が出来た。
昨年は震災もあったわけだが、今年はこうして開幕を迎えられる事に幸せを感じる。
で、その開幕戦であるが…
疲れたw
中畑夫人も144試合身体が持たないとコメントしていたようであるが、我々も同じ。
先発高崎は初回に失点をしてしまうが、6回までは無難に抑えた。
ちょっと球数が多かったかな。
森本は初回まずい守備があったが、猛打賞、2打点の活躍。
ノリ、森本のタイムリーで1-3とした時は中継ぎで凌いでいけるかと思ったが、エラー、四球で招いたピンチで代打関本に逆転3ランをくらってしまう。
関本には嫌な思い出しかないな。
9回に藤川が出てきて終戦を覚悟したけど、代打ラミレスがまさかの同点タイムリー。
ラミレスは、復帰後いきなりの実戦だったが、こういった場面で結果を出すのはさすが。
その裏は大原が3人で抑え、3時間半ルールの中、残り10分で延長突入。
10回の攻撃は死球で石川が出塁、盗塁、犠打で1死3塁からノリが犠牲フライで勝ち越し。
ノリも今日は2打点の活躍。
正直ノリにはあまり期待していなかったんだが、今年は戦力になるかもしれない。
そしてその裏は守護神山口が登板。
1死からライトオーバーの3ベースを打たれ、あっさり犠牲フライで同点。
その後四球、エラーでピンチは招くが、なんとか代打桧山をセカンドフライに抑えゲームセット。
どちらの球団のフアンでもなければ、面白いシーソーゲームだったも知れないが、片方に肩入れして観てるとテンションの上り下がりが激しい試合だったな。
本当に疲れたw

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。